MENU

なるほどこういう仕組みだったのか!白髪や白髪染めの基礎知識記事一覧

白髪染めを選ぶ時、様々なタイプがあることに気が付くでしょう。大まかに「永久染毛剤」、「半永久染毛剤」、「一時染毛剤」に分けることができます。永久染毛剤は色持ちが良くしっかりと色が定着する染毛剤です。「ヘアカラー」と呼ばれる染毛剤がこのタイプで、しっかりと染まるのですがその分髪や頭皮にダメージを与えることになります。半永久染毛剤は、ヘアマニキュア、ヘアトリートメント、ヘナ、マスカラなどがこのタイプで...

白髪染めとして一般的に使われているものは「永久染毛剤」である白髪染めヘアカラーでしょう。これは美容院で行えますし、市販の製品を買ってきて自宅でも行うことができます。ほとんどの白髪染めヘアカラーは、1剤と2剤とに分かれています。1剤とは酸化染料とアルカリ剤という2つの成分が配合され、2剤は酸化剤です。この2つに分かれている薬剤を使用する直前に混ぜ合わせることで化学反応を起こさせ、それによって白髪を染...

白髪を染めるには美容院へ行けば技術を持った美容師がキレイに染めてくれますが、白髪染めはいくらキレイに染まっても髪が伸びてくれば生え際が目立つようになり、通常のヘアカラーよりは頻繁に染める必要が出てきます。費用も時間も通う手間も掛かりますから、できれば自宅で手軽に染めたいと思う人も多いでしょう。実際、今はドラッグストアなどでも様々な白髪染めが販売されていますし、より使いやすく安全性の高い商品が出回る...

白髪染めを使ったら皮膚や目にトラブルが起こってしまった、こんな経験をした人が増えているようです。薬剤が皮膚に触れることによって刺激になることは、その薬剤が天然成分でも化学成分でも起こる事があります。使ってすぐに反応が起こるので「ああこれは自分には合わないんだな」と分かりますから、その白髪染めを使わなければ症状も治まります。しかし、かゆみやかぶれの原因が薬液の刺激で起こる一時的なものではなく、アレル...

白髪染めを使うと、人によっては刺激を受けてかゆみやかぶれなどの皮膚炎の症状が起こることがあります。この白髪染めによる皮膚炎には2種類あり、ひとつは刺激性接触皮膚炎、もうひとつはアレルギー性接触皮膚炎です。刺激性接触皮膚炎は、刺激物質が皮膚に触れることによって起こる皮膚炎で刺激の強い物質であればあるほど症状も強く現れます。体質に関係なく誰にでも起こる可能性があります。アレルギー性接触皮膚炎は、アレル...