MENU

白髪染めによる皮膚炎は2種類ある

白髪染めを使うと、人によっては刺激を受けてかゆみやかぶれなどの皮膚炎の症状が起こることがあります。この白髪染めによる皮膚炎には2種類あり、ひとつは刺激性接触皮膚炎、もうひとつはアレルギー性接触皮膚炎です。

 

刺激性接触皮膚炎は、刺激物質が皮膚に触れることによって起こる皮膚炎で刺激の強い物質であればあるほど症状も強く現れます。体質に関係なく誰にでも起こる可能性があります。

 

アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギーの原因となる物質に反応して起こる皮膚炎です。その物質にアレルギー反応を起こす人のみが発症する皮膚炎で、刺激性接触皮膚炎よりも症状が重く回復に時間がかかる場合があります。

 

白髪染めでどうして皮膚炎が起こってしまうのか

 

白髪染めを使ってすぐに皮膚トラブルが起こる人もいれば全く症状が出ない人もいます。また、使い始めて何回かは何もトラブルが起きなかったのに、ある時から突然症状が現れる人もいます。

 

アレルギー体質であればその白髪染めを使う限り症状は出ますし、使い続けることでどんどん悪化することもあります。ですから、一度アレルギー症状が出てしまった白髪染めは使ってはいけません。

 

アレルギー以外の皮膚炎では、刺激となる物質が触れても肌にバリア機能が備わっていれば症状が起こりにくいのですが、元々肌が弱かったり何らかの理由でダメージを受けている場合に症状が起こりやすくなります。

 

白髪染めに配合されている刺激となってしまう成分には、過酸化水素やアルカリ剤が挙げられますが、アレルギー性の皮膚炎の場合酸化剤であるジアミン系の化合物がアレルゲンとなることが多いのです。

 

我慢して使わず異常があったら使用を中止する

 

アレルギー性の皮膚炎の場合、ただのかゆみやかぶれだと気軽に考えて使い続けると突然重症化してショック症状を起こす可能性があります。医師の診察を受けてアレルギーだと判明したら反応してしまう成分が入った白髪染めを使わないようにしましょう。

 

アレルギーではなく皮膚に刺激を受けたことによる一時的な皮膚炎であっても、刺激を感じる白髪染めであるのなら、天然成分が配合されているものなど低刺激の製品を選ぶようにしましょう。