MENU

美容院で染めるより安価だし自宅で白髪を染めたいけど

白髪を染めるには美容院へ行けば技術を持った美容師がキレイに染めてくれますが、白髪染めはいくらキレイに染まっても髪が伸びてくれば生え際が目立つようになり、通常のヘアカラーよりは頻繁に染める必要が出てきます。

 

費用も時間も通う手間も掛かりますから、できれば自宅で手軽に染めたいと思う人も多いでしょう。実際、今はドラッグストアなどでも様々な白髪染めが販売されていますし、より使いやすく安全性の高い商品が出回るようになりました。

 

しかし、そういった自宅で手軽に染められる白髪染めは本当に安全なのでしょうか。安価なのに染まりやすい、そのことがかえって不安に思えることもあるでしょう。

 

白髪染めは髪が傷んでしまうのは仕方ない

 

美容院で白髪を染めても髪は傷むものです。それは白髪を染める薬剤がどうしても髪にダメージを与えてしまうからです。

 

白髪染めに含まれる過酸化水素は、髪を脱色し染料を発色させる働きをするのですが髪のタンパク質を破壊する作用もあり、このことが髪にダメージを与えてしまうのです。

 

また、染料を髪の内部に浸透させるためにキューティクルを開かせる作用があるアルカリ剤も、白髪染めの使用後に髪の残ったままだとキューティクルが開きっぱなしになるため髪が傷んでしまいます。

 

アレルギー体質の人や刺激に敏感な人は要注意

 

刺激が少なく安心して使えるとされる白髪染めであっても、人によってはトラブルが起こる可能性があります。アレルギー体質である場合は特に使用する前に説明書をよく読み、アレルギー反応が起こらないかパッチテストを行う必要があります。

 

一般的な白髪染めに使われている染料の中には、「パラフェニレンジアミン」というアレルギーを発症させやすい化学物質が配合されたものがあります。症状が軽ければかゆみやかぶれ、発疹程度で済みますが、重症の場合激しい呼吸困難など強いショック症状が起こる事もあり、大変危険です。また、パラフェニレンジアミンは目に入ると結膜炎や最悪の場合失明する恐れもありますから、取り扱いには注意しましょう。

 

白髪染めは使うたびに事前にパッチテストを行い、少しでも異常を感じたら使わないようにしましょう。白髪染めに慣れてくると説明書をよく読まないで染めようとすることもあるかもしれませんが、手順を守ることでキレイに染めることができますし、何よりも安全ですから手間を惜しまないようにしましょう。