MENU

白髪染めは2つの薬剤を混ぜて使う

白髪染めとして一般的に使われているものは「永久染毛剤」である白髪染めヘアカラーでしょう。これは美容院で行えますし、市販の製品を買ってきて自宅でも行うことができます。

 

ほとんどの白髪染めヘアカラーは、1剤と2剤とに分かれています。1剤とは酸化染料とアルカリ剤という2つの成分が配合され、2剤は酸化剤です。この2つに分かれている薬剤を使用する直前に混ぜ合わせることで化学反応を起こさせ、それによって白髪を染めることができるのです。

 

1剤と2剤それぞれの成分と働き

 

1剤の成分のひとつ酸化染料は、色の元になる成分で2剤と混ぜ合わせることにより発色します。酸化剤である2剤により酸化するという化学反応を起こすので、酸化染料と呼ばれるのです。

 

もうひとつの成分であるアルカリ剤は、色の成分が髪の内部に入るよう髪表面のキューティクルを開き、2剤の成分を促進させる役割も果たします。

 

2剤は1剤を発色させる効果のある過酸化水素が配合されています。1剤のアルカリ剤により酸化反応が促進して髪のメラニン色素を分解し脱色させる働きをします。

 

白髪が染まっていく仕組み

 

白髪染めを塗る前の状態の髪は、キューティクルが一定方向に重なり合いきれいに並んでいます。乾いた髪に1剤と2剤を合わせた物を塗ることで髪に変化が現れます。

 

1剤のアルカリ剤がキューティクルを開き、酸化染料が髪の内部に浸透していきます。そして2剤の過酸化水素の働きで1剤の酸化染料同士が結合し発色します。

 

またアルカリ剤と過酸化水素の働きで髪のメラニン色素を脱色していきます。結合した酸化染料は髪の内部に浸透していくと元の大きさよりも大きな分子になるため、キューティクルの隙間から出ることができなくなり色が定着して洗っても落ちなくなるのです。

 

白髪染めで髪がダメージを受けてしまうのは、アルカリ剤の影響です。アルカリ剤が髪や頭皮に残ってしまうとキューティクルが開いたままの状態になってしまうので、髪が傷んだり色落ちしてしまいます。白髪染めをした後はよく洗い流す必要がありますし、その後のケアもきちんと行うことで傷みや色落ちを防ぐ事ができるのです。