MENU

白髪染めにもいろいろなタイプがある

白髪染めを選ぶ時、様々なタイプがあることに気が付くでしょう。大まかに「永久染毛剤」、「半永久染毛剤」、「一時染毛剤」に分けることができます。

 

永久染毛剤は色持ちが良くしっかりと色が定着する染毛剤です。「ヘアカラー」と呼ばれる染毛剤がこのタイプで、しっかりと染まるのですがその分髪や頭皮にダメージを与えることになります。

 

半永久染毛剤は、ヘアマニキュア、ヘアトリートメント、ヘナ、マスカラなどがこのタイプです。ヘアカラーに比べて頭皮や髪へのダメージは少なく、一度にしっかり染めるのではなく使うごとに徐々に染まっていくのが特徴です。ただし、色持ちはヘアカラーほど良くなく、使用を止めれば洗髪の度落ちてしまいます。

 

一時染毛剤は毛髪表面にだけ色付けするもので、シャンプーすれば落ちてしまうタイプです。スプレーやヘアファンデーションなどがこのタイプです。

 

どんなふうにどれだけ染めたいのかで選べる白髪染め

 

永久染毛剤である白髪用ヘアカラーもまたさらに分類すると、クリームタイプ、乳液や液状ジェルタイプ、泡やフォームタイプ、粉末タイプなどがあります。

 

昔ながらの白髪染めといえば粉末タイプ、水に溶いて使用するのですが最近の白髪染めヘアカラーと比較すると手軽にとは言えないものの、根強い愛用者も多いロングセラー商品です。

 

むらなく全体に、しかも短時間で染まるのは乳液や液状ジェルタイプで、手軽さで一番なのは泡やフォームタイプでしょう。

 

しっかりとキレイに染まり、白髪の目立つ部分や染めた後目立ってくる生え際の部分だけにも使えて便利なのはクリームタイプです。

 

永久染毛剤でなくても効果的な使い方でキレイを持続

 

しっかりと髪の内部まで染めることができない染毛剤でも、簡単で手軽に使用を続けることができるトリートメントタイプやヘナなどは刺激が少なくかえって髪の状態も良くなると好評です。

 

ヘアマニキュアも髪をコーティングすることによりツヤが出て、傷んだ髪でもキレイに見せてくれます。

 

半永久的、一時的染毛剤はヘアカラーに比べて刺激が少なく髪も傷みにくいので、敏感な体質の人でも使えますしヘアカラーを使って伸びてきた生え際の白髪が気になる時に使うのも便利です。

 

白髪染めはその時々の用途に合わせて使い分けることができますし、最近では刺激の少ない使いやすい商品も出回るようになりました。それぞれの特徴を理解して便利に使いましょう。