MENU

白髪染めを使うとかゆみやかぶれ、発疹などが起こる場合

白髪染めを使ったら皮膚や目にトラブルが起こってしまった、こんな経験をした人が増えているようです。薬剤が皮膚に触れることによって刺激になることは、その薬剤が天然成分でも化学成分でも起こる事があります。使ってすぐに反応が起こるので「ああこれは自分には合わないんだな」と分かりますから、その白髪染めを使わなければ症状も治まります。

 

しかし、かゆみやかぶれの原因が薬液の刺激で起こる一時的なものではなく、アレルギーによって発症する場合もあります。

 

アレルギー性のかぶれの場合、最初のうちは軽いかゆみや違和感だけであることが多く、繰り返し使っていくうちに症状が悪化し頭皮だけでなく全身に広がる場合もありますから注意が必要です。

 

なぜ白髪染めでアレルギーが起こるのか

 

花粉症などのアレルギーを持つ人は年々増えていますが、一昔前の日本ではアレルギー体質の人はそれほど多くなかったようです。環境や食生活の変化、ストレスや不規則な生活などがアレルギー体質へと変えてしまうようですが、白髪染めでアレルギーが起こってしまう原因は、それ以外にも頭皮や髪を過剰に洗い過ぎたことによるバリア機能の低下も関わっているようです。

 

清潔にしたいからと洗浄力の強いシャンプーを使って過剰に洗うと、頭皮に必要な成分まで洗い流してしまうことになり刺激に弱い皮膚になってしまいます。

 

刺激に弱くなった頭皮に白髪染めの成分である「酸化剤」が触れると、その酸化剤を異物だと体は判断し免疫システムが正常に働かなくなるためアレルギー症状を起こします。

 

アレルギーを引き起こす危険な酸化剤パラフェニレンジアミン

 

白髪染めのアレルギーの原因となる物質は酸化染料であることが多いのですが、その中でもパラフェニレンジアミンのアレルギーは要注意です。

 

このパラフェニレンジアミンは、かゆみやかぶれ、発疹などの皮膚に症状が出るだけでなく、目の痛みや咳、顔がパンパンに腫れるなどの症状が現れることがあります。

 

さらに怖いのは全身に症状が出たり呼吸困難を起こすなど、いわゆるアナフィラキシーの症状が起こる可能性があるということです。

 

パラフェニレンジアミンが配合されていることでしっかりと白髪が染まるのですが、アレルギー症状が出る人は使うことができません。白髪染めを使って異常が出てしまったら、すぐに使用を中止して必要に応じて医師の診察を受けましょう。