MENU

途中から白髪に切り替わっている髪の毛を発見!

白髪の生えている毛穴からは次も絶対白髪しか生えないというわけではありません。白髪を1本見つけて抜いてみたら、先の方は黒髪で根元の方が白髪という2色でびっくりしたという人もいるのではないでしょうか。また、その逆で白髪だと思ったら根元は黒かったということもあります。

 

ちゃんと色が付いている髪になるか白髪になるか、それは成長する過程で決まります。毛根の根元にある毛母細胞は新しい毛髪の細胞を作るのですが、細胞分裂によってどんどん押し上げられて頭皮の上に突き出ることで毛髪になります。

 

毛母細胞の間にあるメラノサイトという色素形成細胞で髪の色を作るメラニン色素が作られ、毛髪が成長していく過程でそのメラニン色素を取り込むのです。色素を取り込むことができた毛髪は色が付きますが、何らかの理由でメラニンが生成されないと毛髪も白髪になってしまうのです。

 

メラノサイトからメラニンの供給が止まることで白髪に

 

通常はメラニンが供給されることで毛髪に色が付くのですが、メラノサイトからメラニンが供給されなくなるとその時点から伸び始めた毛髪は白髪になります。

 

なぜ供給が止まるのか、その理由はまだはっきりとは解明されていませんが、老化や病気、ストレスなどが関係していることが分かっています。

 

まれに一旦供給が止まっても再開されることもあり、その場合に伸びた髪は先端は白髪なのに根元は黒いという不思議な毛髪になるようです。

 

よく耳にする白髪の「うわさ」あれって本当?

 

マンガの中の話で、強烈な精神的ショックで一夜にして頭髪のすべてが白髪になったという場面を見たことがありませんか?歴史上の人物でもそういったエピソードがあるようです。しかし、そういったことはありえないのだそうです。

 

成長して頭皮から出てしまっている毛髪は、すでに成長が止まった死んでいる細胞ですから一度蓄積されたメラニンが移動することはないのです。

 

また、白髪を抜くと増えるといいますが、あれも事実ではないようです。白髪は抜きたくなるものですが、無理して根元を傷つけて毛根が死んでしまうとその毛穴からはもう生えてこなくなることもあるので、増えるどころか薄毛になる恐れがあります。ですから白髪は抜いてはダメ、気になるのならカラーリングがオススメです。