MENU

親が若白髪だったから子供も早く白髪が生える?

親に白髪が多くてしかも若白髪だったという場合、その子供も若いうちから白髪が生え始めるといいますよね。白髪も遺伝する、と言うのです。これは事実なのでしょうか。

 

実際には白髪と遺伝とを結びつける根拠はないということですが、白髪になりやすい体質は遺伝するようです。白髪になりやすいとは例えば色素ですが、肌が色白が黒いかや毛髪が真っ黒か茶色かなど、親から受け継ぐ遺伝であることが多いようです。

 

髪の色素も親の体質を受け継ぐのなら、白髪になりやすい体質も遺伝すると考えることができるでしょう。しかし、同じ親から生まれた兄弟でも白髪の量に差があることも多く、両親とも若白髪であっても必ずしも子供も若白髪になるとは言い切れないようです。

 

生活習慣や食生活で白髪の量が変わる

 

何も努力せず遺伝だから絶対白髪になると諦めてしまうのなら、やはり白髪は増えるでしょう。いくら体質を受け継いでしまったとしても、その後の生活習慣や食生活を変えることで白髪の生え始めるのを遅らせることはできるのです。

 

白髪は加齢とともに誰にでも生えてくるものですが、それは身体機能が衰えるのと同じく毛母細胞も老化してしまうからです。白髪は毛母細胞の間にあるメラノサイトの機能の低下により、髪に色を付けるメラニン色素が生成されなくなることで生えてきます。

 

メラノサイトの機能低下は老化だけでなく、ストレスや病気、不規則な生活や偏った食生活などが原因となっています。老化が原因ではない若白髪であるのなら、他の原因に対処することで白髪を防ぐことができるでしょう。

 

白髪の多い親の生活習慣や食生活を真似しない

 

白髪ができやすい体質を受け継いだとしても、必ず若白髪になったり白髪が多くなるとは限りません。親の生活習慣や食生活が白髪を増やしやすいものだったら、それを真似ることなく改善し白髪を防ぐ生活を送ればいいのです。

 

食生活は親の好みが子供に受け継がれてしまうものですが、ビタミンやミネラルをしっかりと摂り栄養バランスを考えた食生活を心がけるようにすれば白髪が増えるのを防ぐことになります。

 

運動をする習慣がないと血行が悪くなり白髪が増えることになりますし、ストレスを溜めこみやすい生活をしていると若くても白髪が増えてしまう可能性があります。白髪ができやすい体質を引き継いでいてもいなくても、いずれは老化によって白髪は生えてきてしまうものですから、できるだけ黒髪を残すためにも白髪のできにくい生活を送ることが大切です。