MENU

白髪が増え始める平均年齢って?

同年代の他人には白髪が目立たないのに自分だけ妙に多く生えていたなんて、これは正直なところ悔しいのではないでしょうか。個人差もありますが、平均的な白髪の増え始める年齢は男性で30歳、女性だと35歳くらいだと言われています。

 

一般的に50代を過ぎると全体の半分が白髪になってしまうことが多いようです。よく白髪になる人は薄毛とは無縁だと言われますが、薄毛の人も白髪が生えますし全くの俗説でしょう。ただ、髪が濃い人はその分1本1本がしっかりとしているため白髪もはっきりと目立ち、薄毛の人の髪は細いので目立ちにくいからそのように思われているようです。

 

白髪が生える原因はやっぱり老化

 

年齢を重ねるごとに増えていく白髪、やはり原因は老化なのです。髪はもともと白くて色素がないのですが、毛母細胞の間にあるメラノサイトの機能によってメラニン色素が生成され、そのことによって髪が黒や茶色に色付けられます。

 

そのメラノサイトの機能は老化によって衰えますから、メラニン色素も生成されなくなり髪に色が付かなくなるのです。また、メラニン色素の原料となるアミノ酸の一つであるチロシンはチロシナーゼという酸化酵素によってメラニン色素に変化します。つまり、メラノサイトの機能が低下してもチロシナーゼが働かなくなっても、メラニンは生成されなくなるので白髪が増えてしまうのです。

 

メラノサイトの機能を低下させないためには血行を良くすること、十分な栄養を摂ることが有効ですが、チロシナーゼをきちんと働かせるためには銅ミネラルが必要不可欠です。ですから、白髪を防ぐためには銅ミネラルとチロシンをきちんと摂取することが大切です。

 

女性の白髪の平均年齢が下がってきている?

 

女性は男性よりも遅く35歳位から白髪が増え始めると言われてきましたが、最近では女性もそれ以前から白髪が増え始めることが多くなっているようです。

 

これは働く女性が増えたこと、専業主婦ではなく共稼ぎ世帯増えたことで様々なストレスや不規則な生活が原因となり、白髪が増え始める年齢が早くなってきているのでしょう。

 

不規則な生活やストレスはホルモンバランスが乱れる原因にもなりますが、頭髪はホルモンの影響を受けやすく、女性であっても白髪と共に薄毛に悩む人も多くなっています。

 

生活習慣を変えること、ストレスの軽減は簡単にはできませんが、少しでも白髪が生えるのを遅らせるためできることから努力したいものです。