MENU

白髪の増加は加齢だけが原因ではありません

年齢を重ねるごとに白髪が増えていくのはごく当たり前のことですが、まだ白髪が生えるには若い年代にも白髪の悩みを抱えている人は多いのです。

 

黒髪が白髪に変わってしまうのは、髪に色を付ける色素であるメラニン色素がうまく生成できなくなることが原因です。メラニン色素はメラノサイトが機能することで作られますが、何らかの理由でメラノサイトの機能が低下して白髪になってしまうのです。

 

メラノサイトの機能が低下する原因は老化もありますが、その他にストレスを受けてしまうことも機能を低下させることになります。

 

ストレスを受けることで頭皮に何が起こるのか

 

ストレスを受けることで、髪や髪が生える土壌である頭皮にどんな影響があるのでしょうか。人は精神的にショックを受けたりストレスが溜まると体の血流が悪くなってしまいます。血液には摂取した栄養分や酸素を運ぶ大切な役目がありますが、血液の流れが悪くなれば体中に栄養分がしっかりと行き届かなくなってしまうのです。

 

頭皮の血流も悪くなり、健康な髪を育てるための栄養分も十分に届きません。その結果メラノサイトにも栄養が届かなくなってしまいメラニン色素も作られなくなり、白髪が増えるというわけです。

 

白髪だけでなく頭皮の栄養不足は抜け毛や薄毛の原因にもなります。強いストレスで円形脱毛症にってしまうことも多いのですが、それも血行不良による栄養不足が原因です。

 

若い人に白髪が生える理由はストレスが多い

 

現代人は以前と比べて豊かな生活を手に入れた反面、ストレスにさらされることが多くなってきているようです。それは大人だけでなく小さな子供にも当てはまるようで、ストレスからくる心身の不調を訴える子供たちも増えています。

 

白髪のある子供や若者が増えている、それはストレスも大きく関わっているようです。人間関係や勉強、仕事によるストレス等の他に、生活が不規則になることで受けてしまうストレスもあります。

 

全くストレスを受けずに生活することは簡単ではありませんが、上手に発散し生活態度を改め睡眠を十分とる、無理をしないといった努力で若い年代の白髪も防ぐ事ができるでしょう。