MENU

栄養が不足することで白髪が生える

白髪が生える原因は老化や遺伝、ストレスなどがあると考えられています。これらの原因でなぜ髪が白くなってしまうのか、それは髪の色であるメラニン色素が十分に作られなくなるからです。

 

メラニン色素はメラノサイトで生成されますが、メラノサイトがメラニンを作り出すにはチロシナーゼという酵素が欠かせません。このチロシナーゼを活性化させることができれば、生成されたメラニン色素により白髪にならずにすむわけです。

 

メラニン色素をしっかりと生成させるためには、メラノサイトの機能をアップさせチロシナーゼの働きをサポートすることが大切です。白髪を防ぎ健康な黒々とした髪を育てるため、食べ物から十分な栄養を摂りましょう。

 

チロシンを含む食べ物を積極的に摂る

 

チロシンはメラニンの元となるアミノ酸です。チロシンが不足するとどんなにメラノサイトが頑張っても髪に色が付きません。ですから積極的に摂りましょう。

 

チロシンはもともとチーズから発見された栄養素で、チーズや脱脂粉乳などの乳製品に多く含まれています。その他にもバナナやリンゴ、アボカドなどの果物、大豆や大豆製品、ナッツ類などにも含まれています。

 

チロシンと同時に摂取することでより効果的なのは銅ミネラルです。大豆や豆腐、納豆などの大豆製品にはチロシンと共に銅ミネラルも含まれているので、白髪防止におすすめの食品です。

 

チロシンと同時にとって吸収を高める食品

 

チロシンと一緒に取りたい銅ミネラルは大豆や大豆製品の他に、ごまやココアなどにも含まれています。ごまは昔から白髪を防ぐ食品として知られています。

 

銅ミネラル以外にもチロシンの吸収を高める食品として、ビタミンB6が含まれているにんにく、ビタミンB12が含まれているハマグリや牡蠣などの貝類、葉酸を含むモロヘイヤなどの緑黄色野菜があります。

 

また、メラノサイトを活性化させる食品として忘れていけないのはヨードです。昔からコンブやワカメなどの海藻を食べると髪に良いといいますが、海藻に含まれているヨードを摂取することによりメラノサイトが活性化し、白髪を防ぐことができるのです。

 

これらの白髪を防ぐ食べ物は、1種類だけを食べるのではなくバランスよく食べることでより効果的ですし、髪だけでなく健康な体作りにも役立ちます。