MENU

知って得する!白髪や白髪染めに関する髪についてのあれこれ記事一覧

たまに自分で白髪をチェックしているはずなのに、気が付いたら妙に長い白髪があって驚いた経験はありませんか?ここまで伸びるのに気が付かなかっただけかもしれませんが、黒髪よりも目立つ白髪は何となく成長が早いのではと感じている人も多いようです。実際に化粧品メーカーが行った白髪研究で、白髪は黒髪よりも伸びる速度が早いという結果が出ています。これはあくまでも平均値で、黒髪は成長速度の早いものと遅いものとの差が...

白髪が気になるのはいつの時代にも共通することらしく、太古の時代から人は白髪を染めてきていたようです。紀元前3000年頃のエジプト時代にはすでに髪を染める技術があり、当時は植物や動物、鉱物などを使っていたということです。代表的な染料は植物である「ヘナ」ですが、これは今も使い続けられているもので日本国内でも髪に優しい天然の髪染めということで愛用者も多いようです。エジプト以外でも中世から近世のヨーロッパ...

10代の頃から白髪がチラホラあったという人も珍しくはなく、若白髪ということで若年寄りなんてからかわれることもあります。1本や2本見つかるくらいなら、そういう事もあるかなくらいで済むのですが、これが目立つようになると本人も親も悩むことが多いのではないでしょうか。黒髪の中に白髪が混じり始めるのは一般的に30代を過ぎた頃が多いのですが、早い人では10代20代でも周囲の視線が気になるほど白髪が増えてしまう...

美容院で染めるよりは手軽で安いからと、市販の白髪染めを使う人も多くなりました。昔の白髪染めは黒であることが多かったのですが、今はオシャレ染めのように様々なカラーを選ぶことができ迷ってしまうほど多くの白髪染めが販売されています。手軽に自宅で染めることができるのですが、頭皮にトラブルが起こる人も増えています。白髪染めによりかぶれてしまうことは、珍しいことではありません。かぶれは白髪染めに含まれている酸...

白髪が気になって染めはじめたのはいいけれど、染める前より神経を使うようになったという人もいるようです。理由は髪がどんどん伸びていくものだからです。いくらキレイに染めても伸びた分は白髪の状態で出てくるわけですから、染まった部分との差がはっきりと目立つので、いかにも白髪を染めていますと言っているような状態になってしまうのです。一般的な白髪染めを使うと髪はダメージを受けてしまうもの、だから頻繁に染めるこ...

美容院で白髪染めをするとやっぱりキレイ、市販のとは成分が違うのねと思っている人は多いのではないでしょうか。実は美容院で使う白髪染めも市販の白髪染めも成分はほぼ同じ、それほど大きな違いはないというのです。それならなぜ自宅染めはキレイに仕上がらないのでしょう。もちろんプロが行うから技術が高いのは分かります。美容院で白髪染めをすると料金が高いのは、結局技術料が高いからなのでしょう。それでも技術はまねでき...

白髪を染めるには美容院へ行くか自分で市販の白髪染めを使って行うか選ぶことができますが、どちらを選んでもメリットとデメリットはあるものです。美容院で染めるメリットは言うまでもなく仕上がりがキレイだということでしょう。技術を持ったプロが行うわけですから当然といえば当然ですが、自分で行う場合はもちろん自分以外の家族などに頼んでもムラなく均一に塗ることは難しいでしょう。それに自分がイメージする色に仕上げて...

白髪に気が付いた、じゃあすぐに白髪染めをということになりませんよね。初めて自分の白髪に気が付いた時、多くの人が「ウソだろう、信じられない」と否定的になると思うのです。自分が白髪の生える年齢になったことに納得できない、これは白髪のうちに入らない、白髪染めを使ったら白髪と認めることになる、でも放置はできないと、ものすごく葛藤があるでしょう。取りあえず普通のヘアカラー、オシャレ染めという白髪染めではない...

白髪染めでキレイに染まった髪も、成長するにつれて根元が白くなり非常に気になるものです。黒髪を染めるヘアカラーで根元が黒くなってきた状態を「プリン」と言いますが、あれは黒と茶の2色なのでまだましで、これが白と茶あるいは黒のハッキリしたコントラストになってしまうとプリン以上に恥ずかしいです。人の髪は平均で1か月に1cm伸びると言われています。1cm、根元だけ白いとやっぱり目立つでしょう。放置はできない...

美容院で白髪を染めようとすると、お店までの往復の手間がかかるし希望の日時に予約を取るのもタイミングが悪ければ難しくなります。その点、好きな時間に自宅で出来る白髪染めなら、予約も移動にかかる時間や手間も必要ありません。それに自宅で白髪染めをすればとってもリーズナブル。美容院だと技術料が高いから料金も高くなりますが自宅でやるなら白髪染めキット代だけ、しかも1回分は数百円です。最近の市販の白髪染めはとて...

自宅で簡単にできる白髪染めは、美容院より安く染めることができるということで愛用者が増えているようです。でもその一方で頭皮や肌にトラブルを起こしてしまう人が少なくありません。白髪染めはしっかり染まるものを選びたいですよね。それに安ければありがたいし手間のかからないものならもっと都合が良いから、それに当てはまる白髪染めを選ぶのではないでしょうか。しかし、簡単にしっかり染まるということはそれだけ刺激が強...

白髪染めを使うと頭皮に刺激を感じ、赤くなったりかゆくなったりする人もいるようです。元々肌が敏感な人なら、白髪染めのような「薬品」でなくても肌に何か付着することで刺激を感じ、かぶれの症状が現れることもあるでしょう。かぶれの症状が白髪染めを使っている時や直後だけで、しばらくすれば治まるのであればたまたま体調が悪いことが原因だったのかもしれません。しかし、その白髪染めを再び使った時にまた同じようなかぶれ...

ある程度の年齢になると気になるのが、白髪とそれに薄毛でしょう。よく白髪のある人は薄毛にならないと言いますが、それは違うようです。薄毛であっても白髪にはなりますし、白髪が多い人でも薄毛になる可能性はあります。薄毛になる原因はいくつかありますが、毛根にダメージを与えるような行為が問題となります。頭皮や毛根に刺激を与えてしまうかもしれない、ということでもしかたしたら白髪染めも薄毛になるのではと心配してい...

白髪染めを使って起こるかぶれには2種類あります。ひとつは薬液が直接皮膚につくことで刺激になる「一次刺激性皮膚炎」、もうひとつはアレルギー反応によって起こる「アレルギー性皮膚炎」です。一次刺激性皮膚炎は多くの人が経験する比較的症状が軽いもので、特に乾燥肌や敏感肌に現れやすいです。薬液の強さ、毒性が強いほど症状が現れやすく、使用した時の体調によっても程度が変わるものです。アレルギー性皮膚炎は薬液の毒性...

冷え症で悩む女性も多いものですが、体質だけでなく生活習慣が原因で冷え症になっている場合もあります。以前あるお医者さんが話していましたが、冷え症で辛いと診察に訪れた女性が真冬なのにミニスカートに「生足」というスタイルだったので、呆れてしまいズボンをはけばいいと言ったとか。自分で自分を冷やしていると自覚していない人も結構いるようですね。体を冷やすことは特に女性にとって良くないことばかりですが、実は白髪...

ドラッグストアなど市販の白髪染めコーナーを見てみると、女性用と男性用に分かれて置いてあります。女性用の方が売れるのか、種類も多いし選びやすいように並んでいますが、一方で男性用はあまり目立たずというか何だか地味なんですね。女性なので当然のように女性用を選ぶわけですが、購入したこの女性用白髪染めを男性である夫が使っても差し支えないのでしょうか。シャンプーなんかでも男性用商品がありますが、あれは男性の脂...

同じ年齢でも髪は黒々で白髪なんて1本もない人もいれば、すでに半分以上が白髪になっている人もいます。ある程度の年齢になれば白髪は生えてくるものですが、個人差があっていつまでも黒々とした髪でいられる幸せな人もいるのです。女性の場合だと白髪が増え始めるのは35歳を過ぎてからだと言われています。でも35歳で白髪が目立つのに放置している人はあまり見かけません。見つけ次第抜いてしまったり短く切るとか、白髪染め...

白髪の目立つ年齢になり、とうとう白髪染めを使うようになったけど実は不満があるという人も多いようです。これまでも普通のヘアカラーは使ったことがあるけれど、白髪染めほど髪は傷まなかったと感じることも。白髪も黒髪も同時に染めてしまうということで、白髪染めは普通のヘアカラーよりも強い成分で刺激も強いのです。髪に色を入れるには髪を保護しているキューティクルをはがす必要があります。白髪染めに含まれる成分である...

早くから白髪が目立つ人は薄毛になりにくいと聞いたことはありませんか?でも実際には白髪が多くても薄毛になることはありますし、また逆に薄毛の人でも白髪が多いこともあります。ある程度の年齢になると頭髪はほとんど白髪になります。その時点でフサフサと髪が残っている人と薄毛になってほとんど残っていない人とを比較すれば、フサフサの方が目立ちしかもそれが白髪であるわけですから、白髪が多いと薄毛にならないと単純に思...