MENU

アレルギーによるかぶれと刺激性のかぶれ

白髪染めを使って起こるかぶれには2種類あります。ひとつは薬液が直接皮膚につくことで刺激になる「一次刺激性皮膚炎」、もうひとつはアレルギー反応によって起こる「アレルギー性皮膚炎」です。

 

一次刺激性皮膚炎は多くの人が経験する比較的症状が軽いもので、特に乾燥肌や敏感肌に現れやすいです。薬液の強さ、毒性が強いほど症状が現れやすく、使用した時の体調によっても程度が変わるものです。

 

アレルギー性皮膚炎は薬液の毒性の強さには関係なく、アレルギーの原因となる物質が含まれている白髪染めにはすべて反応してしまい、症状が重くなることもありショック症状で呼吸困難になるなど危険なこともあります。

 

パッチテストをやってアレルギーがあるか調べる

 

市販の白髪染めの説明書には、使用前にパッチテストをするようにと書かれていますが、美容院ではあまり行われることがないかもしれません。本来ならテストをしなければならないのですが、テストを行う時間の都合がありますし、白髪染めに対してアレルギーを起こす人が稀だということもあるようです。

 

しかし自分が発症しないとは言い切れないので、自宅で白髪染めをする時はその都度必ずテストを行いましょう。やり方は、腕の内側に使用する白髪染め剤を10円玉くらいのサイズに塗り、30分後に拭き取って様子を見ます。その時問題がなくても、アレルギーの場合時間が経過してから反応が出る場合があるので、塗った箇所に絆創膏やガーゼを当てて48時間放置して様子を見ます。

 

その結果問題がなければその白髪染めは使用できますし、もし1次刺激性のかぶれが起こるとしたら塗ってから30分以内に反応が出ますから、その時は控えた方が良いでしょう。

 

突然発症することもあるので要注意

 

以前同じ白髪染めでテストをしたからもうやらなくても良い、と思ってしまうかもしれません。でもアレルギーの場合、それまでは何ともなくてもある時から突然激しく反応してしまうこともあるのです。

 

白髪染めに含まれているアレルギーを起こしやすい成分は、ジアミン系の染料です。一般的な白髪染めに使われている成分で、しっかり染まるのですがアレルギーを起こしやすいことが知られています。

 

ジアミン系の白髪染めでアレルギー反応が出てしまった場合、危険ですからもうこのタイプの白髪染めを使うことができません。ジアミンが含まれていない天然成分の白髪染めを使うなど、アレルギーを発症させにくいものを選ぶようにしましょう。