MENU

私の白髪染め夫が使っても問題ない?

ドラッグストアなど市販の白髪染めコーナーを見てみると、女性用と男性用に分かれて置いてあります。女性用の方が売れるのか、種類も多いし選びやすいように並んでいますが、一方で男性用はあまり目立たずというか何だか地味なんですね。

 

女性なので当然のように女性用を選ぶわけですが、購入したこの女性用白髪染めを男性である夫が使っても差し支えないのでしょうか。シャンプーなんかでも男性用商品がありますが、あれは男性の脂っぽい髪や頭皮をスッキリと洗えるような配合ですよね。

 

白髪染めも男性の髪に合わせた配合のほうが効果的だというのなら、女性用の白髪染めでは夫は満足できないかもしれません。でもメーカーさんに問い合わせしてみると、基本的な成分に違いはないそうなんです。

 

好みの仕上がりに合わせて男女別の白髪染め

 

成分に違いがないとすれば、女性用と男性用では何が違うのでしょうか。最初に気が付いたように男性用は「地味」、カラーバリエーションが女性ほど豊富ではないようです。黒が多いのでしょうか、だからパッケージも地味な感じみたいです。

 

メーカーさんによると、男性好みの風合いや色味になるように作られているとのことで、ハリやボリューム感がある仕上がりが女性用とは違うポイントみたいです。

 

女性ならしっとりしてサラサラした仕上がりが好まれるようですから、これはシャンプーやコンディショナーを男女別に販売しているのと同様みたいです。

 

女性は選ぶところから白髪染めを楽しむ

 

昔なら白髪染めと言うと黒が当たり前でしたが、今は様々なカラーを選ぶことができます。どんな感じにしようかと売り場であれこれ手に取って迷うのも、結構楽しいものです。より便利によりしっかり染まる白髪染めが次々と発売され、自宅での白髪染めは進化し続けています。

 

もちろん男性用の白髪染めも便利で使いやすくなっていますが、女性用の白髪染めが香りにこだわったり仕上がりの美しさを強調しているのに対し、香りはなしの無香料だったりしっかり染まればそれでよしといった感じです。

 

結局、選んだカラーに文句がないなら妻の白髪染めを夫が使っても問題ないわけで、でも夫の男性用白髪染めを妻が使うのは抵抗があるといったところでしょうか。