MENU

気が付いたら根元が白くてみっともない

白髪染めでキレイに染まった髪も、成長するにつれて根元が白くなり非常に気になるものです。黒髪を染めるヘアカラーで根元が黒くなってきた状態を「プリン」と言いますが、あれは黒と茶の2色なのでまだましで、これが白と茶あるいは黒のハッキリしたコントラストになってしまうとプリン以上に恥ずかしいです。

 

人の髪は平均で1か月に1cm伸びると言われています。1cm、根元だけ白いとやっぱり目立つでしょう。放置はできないので染めようとしても、髪や頭皮へのダメージはかなりのものですからそう頻繁に染めるのはどうかなと思います。

 

白髪染めは色を付けるためにキューティクルを?がすので、髪はダメージを受けて美しさも損なわれます。繰り返すことで髪は弱りますし、白髪染めの刺激も頭皮には良くありません。

 

理想は2か月に1回の白髪染め、でもそれでは気になる

 

白髪染めを使うのは髪や頭皮への負担を考えると、最低でも2か月は間を開けたいところです。でも1か月に1cm伸びるのなら2か月で2cm伸びるということになり、かなり目立ってしまうでしょう。

 

そこで伸びてきた白髪部分だけを染めるという方法もあります。もちろん美容院ではプロが確実に伸びた分だけ染めてくれるでしょう。自宅で伸びた分だけを完ぺきに染めることは簡単ではありませんが、クリームタイプの白髪染めなら比較的きれいに根元だけを染めることができますし、部分白髪用の手軽に塗るだけの白髪染めも市販されていますから、利用してみてはどうでしょう。

 

髪へのダメージが少ない白髪染めを上手に使う

 

もっと簡単手軽に伸びてきた分の白髪を染める方法があります。シャンプーする時に使えるカラートリートメントは、髪へのダメージも少なくアレルギーなど皮膚にトラブルが起こる可能性も低いのです。

 

このカラートリートメントのみで白髪を染めることもできますが、白髪染めヘアカラーと併用する方法は便利です。ダメージを受けにくいのに根元が染まり、次にヘアカラーする時までのつなぎとして使うことができるのです。

 

ヘアマニキュアも伸びてきた白髪に使うと目立たせなくする効果があります。ただし、カラートリートメントに比べると準備をしたり道具が必要になるため面倒だと感じるかもしれません。