MENU

染めるんじゃなかった?余計に目立つみたい

白髪が気になって染めはじめたのはいいけれど、染める前より神経を使うようになったという人もいるようです。理由は髪がどんどん伸びていくものだからです。

 

いくらキレイに染めても伸びた分は白髪の状態で出てくるわけですから、染まった部分との差がはっきりと目立つので、いかにも白髪を染めていますと言っているような状態になってしまうのです。

 

一般的な白髪染めを使うと髪はダメージを受けてしまうもの、だから頻繁に染めることは避けたいのですがやっぱりどうしても気になる、白髪染めって面倒でうっとうしいということになってしまうのです。

 

キレイに染まるけれど髪が傷むしとにかく面倒

 

白髪染め、最近は普通のヘアカラーの様にカラーも豊富で自分に合ったものを選ぶことができるようになっています。しっかり染まるのですがその分髪もダメージを受けるようで、伸びてきたら目立つので普通のヘアカラーより頻繁に染めることになり、白髪染めは髪が傷むというイメージがあります。

 

敏感な人はかぶれることもありますしアレルギー体質だと危険だというし、染めるための準備も結構面倒なものです。最近はとてもスピーディーに仕上がる白髪染めもありますが、器用な人ならともかくこういった作業が苦手な人や大雑把な性格の人だと、満足できる仕上がりにならないことも多いのです。

 

美容院に行けば座っているだけですべてやってもらえますし、仕上がりも文句なくキレイでしょう。でも高い。頻繁には染めに行けないなあと思ってしまいます。安くて手軽でキレイに仕上がり、それに加えてダメージも少ない、そんな白髪染めがあったらとうんざりしている人も多いことでしょう。

 

あるんです、簡単な自宅で出来る白髪染め

 

完全には染めることができないけれど白髪を目立たせなくできるヘアマニキュアは、髪が傷みにくいしツヤも出てキレイな仕上がりです。でもまんべんなく塗るのはちょっと難しいかもしれません。

 

最近ではシャンプーの時にそのまま手軽に使うことができる白髪染めも登場し、手軽なのに染まりが良いと評判になっています。安全で髪に良い天然成分が配合され、ケアも同時に行えるのが受けているようです。

 

これらの簡単手軽でダメージの少ない白髪染めを単体で使うだけでなく、通常のしっかり染まる白髪染めを使いつつ、伸びてきた気になる部分に次回染めるまでのつなぎとして使っている人もいるようです。