MENU

白髪染めを使うとかゆいしチクチク、これは?

白髪染めを使うと頭皮に刺激を感じ、赤くなったりかゆくなったりする人もいるようです。元々肌が敏感な人なら、白髪染めのような「薬品」でなくても肌に何か付着することで刺激を感じ、かぶれの症状が現れることもあるでしょう。

 

かぶれの症状が白髪染めを使っている時や直後だけで、しばらくすれば治まるのであればたまたま体調が悪いことが原因だったのかもしれません。

 

しかし、その白髪染めを再び使った時にまた同じようなかぶれが現れたとしたら、それはアレルギーかもしれません。

 

白髪染めが原因で起こるアレルギー症状

 

白髪染めの成分の一つに、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系薬剤があります。このジアミン系薬剤の効果でしっかりと髪が染まるのですが、その分刺激も強く人によっては重篤なアレルギー症状が起こる事があります。

 

最初はちょっと赤くなる、かゆみがあるなどの軽い症状でも、使い続けることによって突然強いショック症状を引き起こす可能性があります。目が開かないほど顔がパンパンに腫れてしまうこともあり、それがまさか白髪染めが原因になっていたとは想像もつかなかったという人も多いようです。

 

ジアミン系薬剤が配合された白髪染めを使用して何か少しでも異常を感じたなら、すぐに使用を中止し必要に応じて医師の診察を受けるべきです。

 

診察の結果ジアミンのアレルギーだと判明したら

 

白髪染めで頭皮や肌にかぶれが起こったら、なるべくなら皮膚科で診察を受けた方が無難です。かぶれの原因をハッキリと突き止めてもらい、白髪染めが原因のアレルギーだと分かったらその白髪染めはもう使うことができません。

 

もちろん同じ成分が配合された他の白髪染めも使うことができなくなるのです。アレルギーによってかぶれていると分からずに使い続けることは危険ですから、使用前のパッチテストで異常が出ないか必ず確認しましょう。

 

もともと敏感な体質なら、ジアミン系薬剤が配合されていない白髪染めを選ぶようにしましょう。天然素材で無添加、髪質の改善にもなるカラートリートメントなど、刺激となる成分が配合されていないものなら安心です。