MENU

結局白髪染めも「薬品」だから注意が必要

自宅で簡単にできる白髪染めは、美容院より安く染めることができるということで愛用者が増えているようです。でもその一方で頭皮や肌にトラブルを起こしてしまう人が少なくありません。

 

白髪染めはしっかり染まるものを選びたいですよね。それに安ければありがたいし手間のかからないものならもっと都合が良いから、それに当てはまる白髪染めを選ぶのではないでしょうか。

 

しかし、簡単にしっかり染まるということはそれだけ刺激が強い成分だということです。価格が安いのは「染まる」こと重視で、頭皮や髪に優しい成分が配合されていない可能性もあります。

 

白髪染めもやっぱり薬品なのです。扱いを間違えばトラブルが起きますし、人によっては正しく使ってもアレルギーが起こってしまう場合もあるのです。

 

白髪染めの成分をきちんとチェックする

 

白髪染めに配合されている成分の中で最も注意が必要なのは、パラフェニレンジアミンなどのジアミン類の染色剤です。ジアミン類が含まれた酸化染料はしっかりと髪が染まるのですが、その分刺激が強くトラブルも起こりやすいのです。

 

皮膚に直接付着したことによる刺激でかぶれが起こることもありますし、さらに怖いのはアレルギー疾患を起こす可能性があるということです。呼吸困難などアナフィラキシーショックの症状が起こる場合もあるので、ジアミン類の配合された白髪染めでトラブルが起こった人は特に成分に注意し、チェックを怠らないようにしましょう。

 

より安全に白髪染めを行うには

 

白髪染めの説明書にもありますが、使用する前には必ずパッチテストを行いましょう。事前にアレルギー反応が起こらないか、肌に刺激を感じないかをチェックし、もし問題があればその白髪染めは使わないことです。

 

パラフェニレンジアミンなどの化学成分に不安があるなら、無添加の白髪染めを使うと良いでしょう。天然成分で染めるので髪も傷みにくく、ケアする効果のある商品もあります。ただ、こういった無添加の白髪染めは安全で刺激が少ない分染まりが悪い、持ちが悪いということもあります。

 

白髪染めだからある程度の刺激は仕方がないと我慢して使っている人も、白髪染めには害のある成分が含まれていると知っておくべきです。安全性を重視して無添加の白髪染めを選ぶなら、価格や染まりにくさなどにはある程度妥協が必要になるでしょう。