MENU

やっぱり美容院は技術力

白髪を染めるには美容院へ行くか自分で市販の白髪染めを使って行うか選ぶことができますが、どちらを選んでもメリットとデメリットはあるものです。

 

美容院で染めるメリットは言うまでもなく仕上がりがキレイだということでしょう。技術を持ったプロが行うわけですから当然といえば当然ですが、自分で行う場合はもちろん自分以外の家族などに頼んでもムラなく均一に塗ることは難しいでしょう。

 

それに自分がイメージする色に仕上げてくれるのは、やはり美容院ならでは。微妙な色の調整は市販品ではまず無理ですし、より自分に合う色をアドバイスしてくれることもあります。

 

メリットだけじゃない美容院にはデメリットもある

 

白髪染めの仕上がりはキレイだしケアもしてくれる美容院は魅力的ですが、デメリットはあります。やっぱり料金の高さです。

 

実は使用する白髪染めは、お店で使うものと市販品とでは成分に大きな違いがあるわけではありませんが、使用する人の技術力で仕上がりが違ってくるのです。料金が高いのはその分の技術料が含まれているわけです。

 

また、決められた時間に美容院に行きある程度の時間拘束されるので、仕事や家事、育児で忙しい場合には予約も取りにくく、染めたい時に即染めるというわけにはいかないようです。

 

髪の状態やスタイルで自宅にするか美容院にするかを選ぶ

 

頻繁に白髪染めをやっていて腕には自信があるのなら、市販品を使い自宅で行っても満足できるかもしれませんが、染めた後のケアが十分でなければどんどんダメージを受けてしまいます。

 

髪が傷んでいると自覚している場合、自宅で染めるとさらにダメージを受ける恐れがあるので、ケアもしながら染められる美容院を利用したほうが良いでしょう。

 

髪が長ければムラになりやすいので美容院がオススメですが、短いスタイルや伸びた分だけ染めたい場合には自分で行っても良いでしょう。伸びた分だけを部分染めすれば髪も傷みにくいですし、安く染めることができます。

 

最近はシャンプーの時に手軽に使えて白髪が染まる、シャンプータイプの白髪染めやカラートリートメントなども出回るようになりました。髪が傷みにくく補修効果に優れたものもあるので、ダメージを受けた髪にも使えます。