MENU

神様は不公平、個人差がある白髪の生え方

同じ年齢でも髪は黒々で白髪なんて1本もない人もいれば、すでに半分以上が白髪になっている人もいます。ある程度の年齢になれば白髪は生えてくるものですが、個人差があっていつまでも黒々とした髪でいられる幸せな人もいるのです。

 

女性の場合だと白髪が増え始めるのは35歳を過ぎてからだと言われています。でも35歳で白髪が目立つのに放置している人はあまり見かけません。見つけ次第抜いてしまったり短く切るとか、白髪染めはまだ抵抗があるから普通のヘアカラーで染めてしまうという人もいるようです。

 

でもある程度白髪が増えてしまうと、抜いたり切ったりするのも無理になりヘアカラーも白髪は染まりにくいので、どうしても白髪の存在が分かってしまうようになります。

 

白髪がなければそんな苦労も煩わしさとも無縁だし、何よりも気持ちを若々しく保つことができるのではないでしょうか。

 

白髪染めは髪が傷むからとヘアカラーで頑張ってみても

 

白髪染めを使うのはまだ抵抗があるからと、ヘアカラーを使ったのにうまく染まらない。白髪染めって髪がすごく痛むらしいから迷っている、そんな人もいるでしょう。

 

やっぱり白髪には白髪染め、キレイに染まるんです。普通のヘアカラーは黒髪を染めることはできても、色素がない白髪にちゃんと色を入れることができません。

 

白髪がちゃんと染まらないヘアカラーでは意味がないのですから、思い切って白髪染めを使ってしまいましょう。白髪染めにも種類があり髪が傷みにくいものを選ぶこともできます。

 

髪もきちんとアンチエイジング

 

どんなに肌を手入れしてスタイルを維持しても、やっぱり髪が白髪では見た目年齢がぐっと上がってしまいます。髪をキレイに染めて白髪を目立たせない努力をすれば、年齢よりも若く見られるかもしれません。

 

白髪染めは髪が傷みやすいと言われていますが、伸びてきた分が気になって頻繁に染めるからのようです。それに、白髪染めを使う年齢になると髪も老化してパサつきツヤがなくなるので、余計に傷むように感じるのでしょう。

 

白髪染めには天然の成分でケアをしながら染められる、トリートメントタイプのような手軽な白髪染めもあります。染めるだけはなく髪も美しくケアすることができる白髪染めなら、アンチエイジング効果もバッチリです。