MENU

手軽に買える市販の白髪染めだけど問題あり

白髪の目立つ年齢になり、とうとう白髪染めを使うようになったけど実は不満があるという人も多いようです。これまでも普通のヘアカラーは使ったことがあるけれど、白髪染めほど髪は傷まなかったと感じることも。

 

白髪も黒髪も同時に染めてしまうということで、白髪染めは普通のヘアカラーよりも強い成分で刺激も強いのです。髪に色を入れるには髪を保護しているキューティクルをはがす必要があります。白髪染めに含まれる成分である過酸化水素により髪の水分が奪われて乾燥しますから、キューティクルがダメージを受けることも重なって髪が傷んでパサパサになる可能性があります。

 

白髪がしっかり染まっても、髪が傷んだり刺激にまけて肌トラブルを起こすようでは困ります。白髪が目立つのは嫌だから我慢して使い続けることにしても、頭皮へのダメージが続くなら白髪だけではなく薄毛になってしまう可能性もあるのです。

 

刺激の少ない白髪染めに変えればトラブルも少なく

 

市販の白髪染めは酸化染毛剤というタイプがほとんどで、しっかりと染まるのですが刺激も強く稀に重篤なアレルギーを起こすことがあります。

 

どうしても市販の白髪染めだと肌トラブルが起こって使えないというのであれば、髪や地肌に優しく安心安全な白髪染めを使いましょう。

 

天然の植物成分の染料を使用し、アレルギーが起こりにくく頭皮に刺激を与えない、髪のケアもできるもの。こんな特徴のある安全な白髪染めがトリートメントタイプの白髪染めなのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めのここが良い

 

刺激が少なく安心して使え、しかもシャンプーする時に手軽に使えるトリートメントタイプの白髪染めは、使うたびに徐々に染まっていきます。

 

一度でしっかりと染まるわけではないので、酸化染毛剤の白髪染めに比べて物足りないと感じる人もいるかもしれません。しかし、毎日使っても髪が傷むこともなく逆に傷んだ髪もサラサラになり、伸びてきた根本との段差も目立たちません。

 

このトリートメントタイプの白髪染めはこれのみで使っても良いのですが、通常の白髪染めの後伸びてきた気になる部分に使っても便利です。部分染めはキレイに塗るのが面倒なものですが、トリートメントタイプなら手軽でキレイに仕上がります。