MENU

何だか毛根に刺激を与えそうな白髪染め

ある程度の年齢になると気になるのが、白髪とそれに薄毛でしょう。よく白髪のある人は薄毛にならないと言いますが、それは違うようです。薄毛であっても白髪にはなりますし、白髪が多い人でも薄毛になる可能性はあります。

 

薄毛になる原因はいくつかありますが、毛根にダメージを与えるような行為が問題となります。頭皮や毛根に刺激を与えてしまうかもしれない、ということでもしかたしたら白髪染めも薄毛になるのではと心配している人もいるようです。

 

でも白髪染めの成分には毛根を損傷させるような力はありません。毛根まで浸透することもありません。しかし、直接ではなくても白髪染めが抜け毛を増やしてしまう可能性はあります。

 

髪が生える土壌が不健康になることで薄毛に

 

白髪染めを使うことで頭皮にトラブルが起こり、脱毛してしまうことがあります。健康な髪が生えてくる条件は髪が生えてくる頭皮も健康であること。

 

白髪染めによって頭皮が炎症を起こすなどのトラブルがあった場合、使用を中止せずそのまま使い続ければますます状態が悪化するので毛根にも影響があり、脱毛して髪が生えにくくなることが考えられるのです。

 

もし白髪染めで頭皮にトラブルが起きた場合、使用を中止し医師の診察を受けましょう。薄毛だけでなくアレルギー疾患の可能性もあり、重篤な症状を引き起こすことがあるので甘く見てはいけません。

 

白髪染めが与える影響は実はよく分かっていない

 

臨床データが十分でないことから、実は白髪染めが薄毛に影響しないとは言い切れません。少なからず頭皮への刺激となる白髪染めの成分は、長期にわたって使い続けることで何らかの影響を与えるかもしれませんし、頻繁に使うことでダメージを受け続けてしまうことになります。

 

白髪染めも薬品ですから使用方法を守ることが大切です。間違った使用方法でトラブルが起こる事もありますし、成分をチェックして自分の体質に合わないものは使わないようにしましょう。

 

染まりやすさでは劣るかもしれませんが、頭皮に刺激が少なくアレルギーを発症させにくい天然成分で無添加の白髪染めもあります。もし一般的な白髪染めで刺激を感じ、薄毛も気になるのであればこういった頭皮に優しいタイプの白髪染めを選ぶのも良いでしょう。