MENU

何で自分だけ?まだ若いのに白髪がいっぱい

10代の頃から白髪がチラホラあったという人も珍しくはなく、若白髪ということで若年寄りなんてからかわれることもあります。1本や2本見つかるくらいなら、そういう事もあるかなくらいで済むのですが、これが目立つようになると本人も親も悩むことが多いのではないでしょうか。

 

黒髪の中に白髪が混じり始めるのは一般的に30代を過ぎた頃が多いのですが、早い人では10代20代でも周囲の視線が気になるほど白髪が増えてしまうことがあります。

 

こういった若い世代の白髪は何が原因なのでしょうか。遺伝だから仕方がないだけではなく、その他にもさまざまな原因が隠れているようです。

 

若白髪が生えてしまう原因は

 

実は白髪が生える原因はハッキリと分かってはいません。ですから完璧に生えなくさせる方法も見つかっておらず、原因ではないかとされること一つ一つに自分が当てはまるかどうか確認し対策することで予防しましょう。

 

白髪は遺伝だとよく言われますが、これは親が若白髪だったから必ず自分もそうなるということではなく、白髪になりやすい体質を受け継ぐのであって、生えるのを防ぐ努力をすれば若白髪にならずにすむ可能性があります。

 

栄養不足や運動不足による血行不良なども、頭皮に栄養が行き届かなるなるため白髪になりやすいと言われています。食べ物の好き嫌いは親の影響もあるものですが、ビタミンやミネラルをたっぷり摂る食生活を実行することで白髪を防ぐことができるので、嫌いだからといわず栄養バランスを考えて食べましょう。

 

その白髪、ストレスや病気が隠れている場合も

 

今の時代子供でも様々なストレスを抱えてしまうことが多く、自分では自覚していなくてもストレスが体や心の不調となって現れることもあります。実は白髪もストレスによって増えてしまうことがあります。

 

急に白髪増えてきた場合は、強いストレスを感じているのかもしれません。子供の白髪の場合、負担になっていることがあるかどうか親が注意してあげることも必要でしょう。また、病気が隠れている場合もあるので、白髪意外にも体に異常がないか、あれば検査を受け治療することで若白髪も改善される可能性もあります。

 

子供の場合大人の様に気軽に白髪染めを使うことはできないかもしれません。しっかり染めるタイプではないですが、手軽に自然な感じで染まるカラートリートメントなどでケアしてみてはどうでしょう。