MENU

白髪染めを使う時に役立つ知識記事一覧

白髪染めを買ってきて、いきなりさあ塗りましょうというわけにはいきません。一昔前の白髪染めに比べて簡単手軽に染めることができるようになりましたが、それでも服や周囲を汚さないようにしたり安全のためにやっておくべき準備があります。一度作業をスタートしたらあちこち動き回ることが難しいので、無駄なく手早く終了させるためにも準備はしっかりと、必要なものを揃えてから始めましょう。白髪染めの説明書にも書いてありま...

白髪染めは体にとって安全な成分ばかり配合されているわけではありません。体質やその日の体調によって白髪染めの成分に対し過敏に反応してしまう場合もありますし、かぶれやかゆみよりも深刻なアレルギー症状が起こることもあります。白髪染めが適応するかどうか、事前にパッチテストして安全であることを確かめてから使うようにしましょう。パッチテストは自宅でも簡単にできるもの、少々面倒でも自分のカラダのためですからしっ...

白髪染めは自宅でやれば安く上がるし好きな時にできます。でも問題もありますね、後頭部や襟足は見えにくいし手も届きにくいのです。誰かが手伝ってくれれば楽に塗ることができますが、それもムリだということであれば何とかひとりで頑張るしかありません。ひとりでもムラなくキレイに塗るためには、コツを掴んでしまえば大丈夫。染める前の準備を怠らず、染めていく順番を守って挑戦してみましょう。長い髪や多い髪はブロッキング...

自宅で白髪染めをする時、肌や衣服に付かないような準備は念入りにしていたけれど、うっかり床に垂らしてしまったり家具や壁に飛び散って染料が付いてしまうこともありますよね。落ちた瞬間すぐに拭き取ったり洗い流すことができれば落ちることも多いのですが、そのまま放置してしまいかなり時間が経ってから対処すると落とすことは困難です。すぐに水で流せるからと洗面台やお風呂場で白髪染めを塗る場合でも、やっぱり染料が付い...

白髪染めはキレイに染まっても時間の経過とともに色落ちしてしまうものです。染めるのは手間もお金もかかりますし、何よりも髪や頭皮にダメージを受けるのでできれば回数を減らしたい、次に染めるまでの期間を長くしたいですよね。同じ白髪染めを同時期に使って染めても、その人によって色持ちが違うというのはやはり理由があるようです。もちろん髪質が違うということもありますが、それ以外にも色持ちの差がついてしまうのは白髪...

白髪染めって一度で使い切れないこともありますよね。一般的な白髪染めは1剤と2剤を混ぜて使うものが多いのですが、自分の一回の必要量をきっちり出せる人ってそんなにいないでしょう。だいたいちょっと多めに出して混ぜておくと思いますが、そうするとやっぱり余ってしまいます。余るともったいない、そう思いますよね。次に使えないだろうかと。でも残念ながらこの1剤と2剤を自分で混ぜるタイプの白髪染めはとっておくことは...

自宅での白髪染め、しっかり染めたいから放置時間を長めにとっている人もいますよね。確かに白髪染めの説明書には、髪質によって染まりにくいことがあるので長めに放置とありますが、その目安以上に長く置いてもより染まるということはないようです。しっかり色を浸透させたいなら、もちろん放置時間は守る必要があります。しかしそれ以外にも室温や塗布する量にもポイントがあります。室温は20度から30度が適温で、温度が低い...

生理は病気じゃないからと普段通りの生活を送っている人もいますが、考えている以上に体は敏感になっているので肌も荒れやすくなりますしアレルギーも起こりやすくなっています。ホルモンバランスの影響でいつもは刺激と感じないことでも敏感に反応してしまうので、頭皮もかゆみやかぶれ、湿疹などが起こりやすく、白髪染めを使うことも気をつけなければなりません。よく生理中はパーマをかけない方が良いといわれますが、白髪染め...

最近は素手でも使えるトリートメントタイプの白髪染めが人気ですね。髪や頭皮に優しい低刺激、ニオイもきつくないのでリラックスして使えます。トリートメントタイプといっても染まるまでの放置時間が必要です。その待ち時間がもったいなくないですか?ただじーっと時間が過ぎるのを待つのではなく、どうせなら髪や頭皮に良いことをやってみましょう。トリートメントタイプだからこそできる「頭皮マッサージ」です。美容院に行った...

一般的な白髪染め、1剤と2剤を混ぜるタイプのものは染める前の準備が面倒ですよね。生え際や耳に付かないようコールドクリームを塗ったりキャップをかぶせたり、服や床を汚さないように気を配る必要もあります。塗る時に邪魔だなあと思うのは「手袋」ではないでしょうか。手袋を使わないと手が染まってしまいますから仕方ないのですが、これを装着することによって指先の感覚が鈍りうまく塗ることができませんし、思うように動か...

白髪染めの臭い、結構きついですよね。ツンとくる刺激を感じてしまいます。髪を一度で染めてしまうくらい強力な薬剤なのですから、それなりの臭いがしても当然でしょう。しかし体調が悪い時などは気分が悪くなることもあり、どうにかならないのかなとうんざりしてしまいます。あの白髪染めの臭いの元は、酸化染料やアルカリ剤、過酸化水素水などの化学的な成分です。染めた当日だけでなくその後何回かシャンプーしても臭いが取れな...

白髪染めを繰り返し使っていくと、髪にツヤがなくなってパサパサになるものです。特に美容院ではなく自宅で使う市販の白髪染めでそういった状態になることが多く、やっぱり白髪染め液が美容院のものと違うからなのかなと思ってしまいます。ところが美容院の白髪染め液と市販の白髪染め液の成分に、それほど差があるわけではないようです。ただ、プロである美容師の技術でダメージを与えにくいように染めることができるということで...

白髪を染めると髪が傷む。白髪染めには髪にダメージを与える成分が配合されてるから、染める前よりもパサついたりツヤがなくなるものだと思っている人は多いでしょう。しかし、そう感じるのは染めた後のケアが十分でないからかもしれません。確かに白髪染めを使った後は髪がダメージを受けやすくなっています。白髪染めの成分が髪のキューティクルを開くことで白髪が染まり、そのキューティクルが開いたままだと日常生活を送ってい...

妊娠したら白髪が増えた、そんな経験をした女性も多いようです。白髪が増える原因にはストレスもありますが、妊娠するとホルモンのバランスが崩れてしまうためストレスを強く感じることもあるので、白髪が増えるのも不思議ではないでしょう。そしておなかの赤ちゃん優先で摂取した栄養が使われますから、頭皮にまで栄養が行き届かなくなり白髪を増やしているようです。普段なら白髪が目立ってくれば白髪染めを使うでしょう。しかし...