MENU

面倒でも揃えましょう白髪染めに必要なもの

白髪染めを買ってきて、いきなりさあ塗りましょうというわけにはいきません。一昔前の白髪染めに比べて簡単手軽に染めることができるようになりましたが、それでも服や周囲を汚さないようにしたり安全のためにやっておくべき準備があります。

 

一度作業をスタートしたらあちこち動き回ることが難しいので、無駄なく手早く終了させるためにも準備はしっかりと、必要なものを揃えてから始めましょう。

 

白髪染めの説明書にも書いてありますが、準備しておくとよいものは面倒でも揃えた方が間違いありません。自分は大丈夫そんなものなくても上手く塗れる、なんて省略すると後で面倒なことになるかもしれませんよ。

 

肌に付かないようにキレイに塗るために必要なもの

 

白髪染め液が肌に付くと色がついて落ちにくくなりますし、刺激にもなるので付かないような対策が必要になります。ひたいや生え際、首回りなどにはコールドクリームを塗っておきましょう。あらかじめコールドクリームを塗っておくことで、白髪染めが付いても落ちやすくなります。

 

耳も白髪染めが付いてしまいやすい部分です。コールドクリームを塗るよりも耳全体を覆ってしまうイヤーカバーが便利です。ナイロン製の袋状のものです。

 

また、白髪染めを均一に塗るためにブロッキングする場合はヘアクリップが2、3個はあると便利です。ブラシやコームも白髪染め液を全体にムラなく伸ばすためにには必要です。塗り終わったら液を浸透させるために頭全体をラップで覆いましょう。こうすることで良く染まりますが、染まり過ぎないようちゃんと確認して放置時間は調整してください。

 

頭部以外の汚れ防止に準備するもの

 

白髪染めをする時は、洗い流す際に脱ぎやすいように前開きの服が良いですね。汚れたら困るような良い服は絶対着ないように、でも普段着でも汚したくないですから始める前にケープで首から下を覆いましょう。バスタオルなどで代用する人もいますが、ナイロン製のケープなら洗いやすく汚れも落ちやすいです。

 

手袋も必要です。面倒だからと手袋を使用しないと手ばかりか爪にも色がついてしまって落ちにくくなります。白髪染めとセットになっていることが多いのですが、結構大きめにできていることがあるので固定するための輪ゴムも用意しましょう。

 

最近では簡単にさっと塗れる白髪染めもありますが、やはり確認しながら丁寧に塗ることでムラもなくキレイに仕上がるものです。鏡も必需品、後頭部を確認するにはもう一枚手鏡を用意して合わせ鏡できるようにしましょう。染める場所が汚れては困るなら、新聞紙など不要な紙を敷いておきます。