MENU

面倒だしダメージも受けるから白髪染めの回数減らしたい

白髪染めはキレイに染まっても時間の経過とともに色落ちしてしまうものです。染めるのは手間もお金もかかりますし、何よりも髪や頭皮にダメージを受けるのでできれば回数を減らしたい、次に染めるまでの期間を長くしたいですよね。

 

同じ白髪染めを同時期に使って染めても、その人によって色持ちが違うというのはやはり理由があるようです。もちろん髪質が違うということもありますが、それ以外にも色持ちの差がついてしまうのは白髪染めの使い方やケアの仕方が違うからかもしれません。

 

白髪染めのタイプによっても色持ちが違う

 

白髪染めにも一般的な白髪染め、ヘアマニキュア、カラートリートメントなどがあります。カラートリートメントは洗髪するたびに色落ちするので使い続ける必要がありますが、白髪染めやヘアマニキュアは一度染めたらある程度のの期間は維持できます。

 

一般的な白髪染めは2か月から3か月、ヘアマニキュアなら2週間から3週間が目安です。でもこれも染め方や染めた後のケアの違いで差が出てくるものです。できるだけ色持ちさせたいならやるべきことをやっておきましょう。

 

まず染める時ですが、しっかりと色を浸透させるためには一般的な白髪染めもヘアマニキュアもムラなくたっぷりと塗り、放置時間を守りましょう。塗った後でより浸透させるためにラップを巻いたりヘアキャップを利用すると良いです。

 

染めた後のヘアケアをしっかりと

 

一般的な白髪染めを使用するとキューティクルが開いたままになって髪が傷んでいます。キューティクルが修復されないと髪がパサパサになるだけでなく、せっかく入った色も落ちやすくなってしまいます。ですからトリートメントなどで栄養を与えることが大切ですし、白髪染め用のトリートメントや白髪染め用シャンプーならなお効果的に栄養を補い色持ちも良くなります。

 

ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーを選んでも良いでしょう。刺激が少なく頭皮への負担が軽減され色を長持ちさせます。アミノ酸系シャンプーにはアラニン系の成分が配合されているため髪がきしみにくく色落ちもしにくいようです。

 

その他にも紫外線を避けるため直射日光を浴びないようにすることでも大切です。紫外線の影響で色が変化することがありますから、帽子をかぶるなどして直射日光を浴びないようにしましょう。