MENU

妊娠中は白髪が増えやすくなるっていうけど

妊娠したら白髪が増えた、そんな経験をした女性も多いようです。白髪が増える原因にはストレスもありますが、妊娠するとホルモンのバランスが崩れてしまうためストレスを強く感じることもあるので、白髪が増えるのも不思議ではないでしょう。

 

そしておなかの赤ちゃん優先で摂取した栄養が使われますから、頭皮にまで栄養が行き届かなくなり白髪を増やしているようです。普段なら白髪が目立ってくれば白髪染めを使うでしょう。しかし、妊娠中はやっぱりおなかの赤ちゃんに影響がないか心配になるものです。

 

妊娠中だからといって白髪を放置するのは我慢できない、キレイな妊婦さんでいたい。でも白髪染めの成分が気になる。実際白髪染めは胎児やお母さんの体に悪影響を与えてしまうのでしょうか。

 

胎児への直接の影響はない?

 

一度使用するだけでしっかりと髪を染めてしまう白髪染めは、刺激の強い化学物質が配合されています。使用することで皮膚から吸収されてしまうものもありますが、毎日継続して使うわけではないし胎児に直接影響がある可能性は低いようです。

 

しかし、妊娠中はヘアカラー、白髪染めをしないほうが良いといわれています。これは妊婦さんの方に影響があるということで、一番の理由はホルモンバランスが通常の時とは異なることで体が敏感になっているからのようです。

 

妊娠中と同様に生理中も白髪染めはしないほうが良いといわれていますが、これもホルモンバランスが通常の時とは異なっているからで、白髪染めの化学物質によりかぶれやかゆみなどの症状が起こりやすいのです。

 

妊娠中不安に感じることは避けた方が良い

 

かゆみやかぶれといった皮膚に起こる異常の他にも、白髪染めのニオイによって気分が悪くなるなど体調が悪くなることがあります。妊娠中は些細な事でも不安に感じるもので、体調が悪くなればおなかの赤ちゃんに影響があるか気になってしまいます。

 

実際に使うことで体調が悪くなることはもちろん、もし今使った白髪染めで何かしら影響があったらとくよくよ悩んでしまうようなことがあれば、ストレスになってしまい結局胎教に良くないでしょう。

 

妊娠中白髪を染めたいのなら、そういった不安を感じずに済む天然成分の白髪染めがオススメです。トリートメントタイプの白髪染めなら入浴の時手間なく簡単に染めることができますし、無添加のものが多いので髪や頭皮に負担が少ないので安心して使えます。