MENU

白髪染めのあの臭いは白髪を染めるための化学的な成分

白髪染めの臭い、結構きついですよね。ツンとくる刺激を感じてしまいます。髪を一度で染めてしまうくらい強力な薬剤なのですから、それなりの臭いがしても当然でしょう。しかし体調が悪い時などは気分が悪くなることもあり、どうにかならないのかなとうんざりしてしまいます。

 

あの白髪染めの臭いの元は、酸化染料やアルカリ剤、過酸化水素水などの化学的な成分です。染めた当日だけでなくその後何回かシャンプーしても臭いが取れないこともあり、周囲の人にも迷惑かけていないかなと心配になってしまうこともあるでしょう。

 

臭いがしない白髪染めとコマーシャルで宣伝していますが

 

臭いがしない、いい香りがする白髪染めというのも最近出回っているようです。確かにツンとくる臭いが軽減され香料が配合されているらしい香りはします。けれども、酸化染料などきつい薬剤が配合されている限りは完全に臭いを消すことはできないようです。

 

良い香り、といってもごまかすために配合されたという感じでかえって臭いが気になったという声もあります。あの臭いがしない白髪染めなら、負担にならずに染めることができるでしょう。化学的な成分ではなく天然由来の成分の染料で染める、カラートリートメントならあのツンとした臭いはありません。

 

刺激的な臭いがしない白髪染めカラートリートメント

 

トリートメントタイプの白髪染めは、染料を髪の内部に浸透させるのではなく髪の表面に乗せることで色を付けます。化学的な成分が配合されていませんから、あのツンとした臭いもしませんが天然由来の成分の素材そのものの臭いがすることもあります。

 

香りをつけていても天然の精油などで、人工的な香料が配合されていないものも多く、臭いに敏感な人でも安心して使うことができるでしょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めは頭皮や髪に優しく体の負担になることもないのですが、一度でしっかり染まるのではなく続けて何度か使ううちに白髪が目立たなくなるという商品です。一度で完全に染めてしまいたい人向きではありませんが、あの臭いを我慢する必要もなく髪も傷まなくなるのですから、染まりやすさより快適さを選ぶならトリートメントタイプを選んでみてはどうでしょう。