MENU

垂れる飛び散る白髪染め、放置したら色が落ちません

自宅で白髪染めをする時、肌や衣服に付かないような準備は念入りにしていたけれど、うっかり床に垂らしてしまったり家具や壁に飛び散って染料が付いてしまうこともありますよね。落ちた瞬間すぐに拭き取ったり洗い流すことができれば落ちることも多いのですが、そのまま放置してしまいかなり時間が経ってから対処すると落とすことは困難です。

 

すぐに水で流せるからと洗面台やお風呂場で白髪染めを塗る場合でも、やっぱり染料が付いたまま放置してしまえば色が落ちなくなってしまうこともあります。垂れないよう、付けないように予防することが一番良いのですが、もし付いてしまったら、どうやって落とせばいいのでしょうか。

 

落とせるフローリング、落ちない畳やじゅうたん

 

フローリングの床に付いた場合はすぐに拭き取って中性洗剤で拭けばいいのですが、時間が経過して床が染まってしまった時にはちょっと厄介です。塩素系漂白剤を薄めて脱脂綿に含まて拭くと落ちますが、漂白されて変色する可能性もありますし材質を傷めることにもなりかねません。

 

じゅうたんや畳、壁紙やレザー、木製の床など、吸水性のある素材に付いてしまうとさらに厄介です。染料が浸透してしまう前にすぐ拭き取る事ができれば、その後中性洗剤で拭くことである程度は色が落ちるでしょう。しかし、気が付いてすぐ拭き取れたとしてもその時すでに浸透してしまっていることも多く、色が残ってシミになることが多いようです。

 

リビングなどで白髪染めを行う時は、あらかじめ新聞紙を敷いておいたり壁や家具から離れて染めることで付着することを防ぎましょう。

 

洗面台や浴槽、浴室についてしまったら

 

表面がツルツルしたプラスチック、ガラス、ホーロー、FRPなど水が浸透しない素材であれば、メラミンスポンジで落とせる可能性があります。しかしメラミンスポンジは細かな傷がつくことがあり、素材によっては目立ちますし曇り止めや防湿加工のなる鏡の場合、加工に傷が残り鏡として使えなくなってしまいます。

 

メラミンスポンジの使えない凹凸のある部分には、漂白剤を薄めたものをキッチンタオルやコットンに含ませて貼り付け放置した後水で洗い流します。放置時間は1時間程度ですが、塩素系漂白剤の場合変色や変質の恐れがあるので事前に目立たない場所で試してから行いましょう。

 

メラミンスポンジ、塩素系漂白剤共に素材によっては材質を傷める可能性があるので、使用説明書をよく読むことが必要です。迷った時は洗面台や浴槽のメーカーさんに確認すると間違いないでしょう。