MENU

市販の白髪染めでより髪が傷む?

白髪染めを繰り返し使っていくと、髪にツヤがなくなってパサパサになるものです。特に美容院ではなく自宅で使う市販の白髪染めでそういった状態になることが多く、やっぱり白髪染め液が美容院のものと違うからなのかなと思ってしまいます。

 

ところが美容院の白髪染め液と市販の白髪染め液の成分に、それほど差があるわけではないようです。ただ、プロである美容師の技術でダメージを与えにくいように染めることができるということで、染まり具合も市販のものを自宅で使うよりもしっかりとキレイに染まります。

 

市販の白髪染めは染まったと実感できなければ売れませんから、手間はかけずに誰でも同じように染められるよう強い薬剤を使っています。ですから染めた後のケアをしっかり行わなければどうしても髪が傷んでしまうのです。

 

白髪染めの何が髪をパサパサにする?

 

市販の白髪染めの多くは1剤と2剤を混ぜるタイプです。1剤には酸化染料とアルカリ剤、2剤には過酸化水素が含まれています。この2つを混ぜ合わせることによって白髪染めとして使うことができます。

 

1剤のアルカリ剤は髪のキューティクルを開かせる働きをします。キューティクルが開いた箇所から白髪染めの染料が入り白髪が染まります。ヘアケア用品のCMなどでもキューティクルの役割はお馴染みですが、乱れた状態になると髪は外部からの刺激に弱くなり、どんどんダメージを受けてパサついた髪になってしまいます。

 

また、1剤にはジアミン系の化学成分が配合されていますが、この成分は髪をしっかりと染める効果がある一方髪や頭皮に強い刺激を与えてしまいます。強いアレルギー症状を起こすことで知られている成分でもあり、パッチテストを必ず行うなど注意する必要があります。

 

髪や頭皮のトラブルを避けたいなら天然成分のものを

 

髪や頭皮へのダメージが気になるなら、思い切って白髪染めを変えることも検討しましょう。天然成分で作られた白髪染めなら、髪や頭皮に強いダメージを与えませんしジアミン系の薬剤が使われていないので安心して使うことができます。ただし、一度でしっかりと染めることができる一般的な白髪染めとは違い、使い続けることで徐々に染まっていくタイプが多いので物足りないと感じることもあるかもしれません。

 

天然成分の白髪染めは頻繁に染めても髪や頭皮へ負担がかかりません。ですから一般的な白髪染めを使っていて気になる「生え際白髪」も、目立つ前に染めることができるので気にならなくなります。