MENU

髪が傷むのは白髪染め液のせいだけではない

白髪を染めると髪が傷む。白髪染めには髪にダメージを与える成分が配合されてるから、染める前よりもパサついたりツヤがなくなるものだと思っている人は多いでしょう。しかし、そう感じるのは染めた後のケアが十分でないからかもしれません。

 

確かに白髪染めを使った後は髪がダメージを受けやすくなっています。白髪染めの成分が髪のキューティクルを開くことで白髪が染まり、そのキューティクルが開いたままだと日常生活を送っていく中でどんどんダメージが大きくなっていきます。

 

ブラッシングやシャンプーの時の摩擦、ドライヤーの熱、紫外線なども刺激となりますますダメージを受けてしまいます。また、髪が傷むだけでなく、ケアが十分でないと白髪染めの色持ちも悪くなってしまいます。

 

染めた髪を美しく保つためのケア

 

白髪染め後のケアは染めた直後からしっかり行うことが大切です。白髪染めによってアルカリ性になっている髪を本来の弱酸性に戻すことは、その後に髪が傷むことや色落ちすることを防ぎます。薬剤をしっかりと落とし髪を弱酸性に戻しましょう。

 

白髪染めが終わったら髪をシャンプーしますが、すぐにシャンプー液を付けて洗うのではなくその前にぬるま湯で白髪染めの色が消えるまでしっかりとすすぎます。シャンプーは薬剤をしっかりと落とすために2回行います。この時ヘアカラー用のシャンプーを使用すること、それにシャンプー後のコンディショナーやトリートメントもヘアカラー用の物を使いましょう。

 

ヘアカラー用のシャンプー、コンディショナー、トリートメントを使うことにより、キューティクルを落ち着かせ髪を弱酸性に戻し、色落ちを防ぎ傷んだ部分にそれ以上ダメージを与えないように洗うことができます。

 

日常的なケアでもダメージを受けないようにする

 

色落ちやパサつきを防ぐために、白髪染め後はキューティクルをしっかりケアしましょう。シャンプーや髪を乾かす時には摩擦するのを避けるため、洗う時はやさしく乾かす時はゴシゴシ擦らないように注意します。髪が濡れたまま寝てしまうと枕と擦れてキューティクルが傷みますから、ドライヤーを適切に使って乾かしましょう。

 

ドライヤーを使う時は髪に近付け過ぎず、ドライヤーを揺らすようにして一か所に当て過ぎないようにします。完全に乾ききる前にドライヤーを止め、髪の水分を失わないようにします。

 

その他にも紫外線が髪を変色させることがあるので、日差しを浴びないよう帽子を着用するなどの対策が必要です。パーマ液も染めた髪が変色する可能性があるので、染めた後パーマをかける場合は美容院で相談してください。