MENU

生理中はいつもと違うから刺激を避ける

生理は病気じゃないからと普段通りの生活を送っている人もいますが、考えている以上に体は敏感になっているので肌も荒れやすくなりますしアレルギーも起こりやすくなっています。

 

ホルモンバランスの影響でいつもは刺激と感じないことでも敏感に反応してしまうので、頭皮もかゆみやかぶれ、湿疹などが起こりやすく、白髪染めを使うことも気をつけなければなりません。

 

よく生理中はパーマをかけない方が良いといわれますが、白髪染めも同様です。生理中で肌や頭皮が敏感になっていると、白髪染め液やパーマ液が刺激となって炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

生理中の白髪染めで怖いのはジアミン系のアレルギー

 

一般的な白髪染めに配合されているジアミン系の化学物質は、ただのかぶれやかゆみだけでなく強いアレルギー反応が起こることで知られています。一度アレルギー反応が出てしまうと、もうその白髪染めは使えませんしジアミン系の成分が配合されているものも使ってはいけません。

 

普段はジアミンに反応しなくても、生理中に使用することで突然アレルギー反応が起こることがあります。そうなったら使える白髪染めは限られてしまいますし、とにかくジアミンで起こるアレルギーは症状が強く出て危険なこともあるので、生理中は白髪染めを行わないようにしましょう。

 

市販の白髪染めの多くは、使用方法に生理中は控えるようにと記載されています。生理中に白髪を染めたいのなら、ジアミン系以外の白髪染めで天然成分が使われているものを選びましょう。

 

髪や頭皮に優しくアレルギーが起こりにくい白髪染めを

 

刺激の少ない天然成分が配合されたトリートメントタイプなら、生理中でも比較的安心して白髪を染めることができます。毎日使うことで少しずつ染まっていき、一般の白髪染めのような即効性はありませんが髪や頭皮に優しいのでオススメです。

 

トリートメントタイプの白髪染めはキューティクルをはがして色を浸透させる一般の白髪染めとは違い、髪の表面に染料を乗せ、髪を保護して美しくするための成分も配合されてます。

 

しかし、天然成分だからといってまったくアレルギー反応が起こらないとは言い切れません。一般的な白髪染めを使う時の様に、必ずパッチテストを行い異常がないことを確認してから使いましょう。