MENU

白髪染めを買ってきてすぐ使ってはダメ

白髪染めは体にとって安全な成分ばかり配合されているわけではありません。体質やその日の体調によって白髪染めの成分に対し過敏に反応してしまう場合もありますし、かぶれやかゆみよりも深刻なアレルギー症状が起こることもあります。

 

白髪染めが適応するかどうか、事前にパッチテストして安全であることを確かめてから使うようにしましょう。パッチテストは自宅でも簡単にできるもの、少々面倒でも自分のカラダのためですからしっかり行ってください。

 

テストっていうけど意外と簡単「パッチテスト」

 

パッチテスト自体は簡単なのですが、反応を見るため48時間必要なんですね。だから買って来た当日に白髪染めを使うのは諦めて、使う2日以上前にテストを行ってください。

 

用意するものは白髪染めの薬剤、綿棒、脱脂綿、薬剤を入れる容器です。白髪染めの薬剤は1剤と2剤に分かれていることが多いのですが、その2種類を容器に入れて綿棒で混ぜ合わせます。それを綿棒で腕の内側に500円玉位の大きさに塗り自然乾燥します。30分以上経っても乾かなければ脱脂綿で軽く押さえて取り除きます。

 

塗布して30分後に確認し、その時点で異常がみられたらすぐに洗い流しましょう。発疹、発赤、かゆみ、水泡などが見られ、刺激を感じた場合には残念ながらその白髪染めは使うことができません。異常がなくてもさらに48時間後にもう一度確認します。もちろん、30分以内に異常が見られた場合、48時間放置いている間に異常が見られたらすぐに洗い流すことが必要ですし、その白髪染めを使うことは止めましょう。

 

パッチテストで問題がなくても油断は禁物

 

パッチテストで異常が見られなくても、実際に白髪染めを使用中異常を感じることもあります。その時は「もったいないから染めてしまってから」なんて考えずにすぐに中止し洗い流しましょう。

 

また、一度テストした白髪染めで異常がなかったからと安心して使い、突然アレルギー反応が現れることもあります。そういう場合のアレルギーは症状が強く現れることがあり危険なので、パッチテストは毎回使う前に必ず行いましょう。